次、読みたくなる「おすすめ漫画」はこちら▶

試験管・豚食い・のり夫!漫画界のトラウマ「なるたる」はグロいのか

人気漫画「なるたる」は本当にグロいのか…?
そう言われるなるたるの伝説的なシーンを紹介します!

鬼頭莫宏の作品「なるたる」は、1998年に発売されてから今なお人気の誇るSF漫画。

表紙の絵を見て「ポップな雰囲気の可愛らしい作品」と感じる方も居ると思いますが、可愛らしい雰囲気とは裏腹に、読んだ人からは「グロい」「トラウマになる」といわれる問題作がなるたるです!

何も知らず読んだ方の中には、なるたるのグロいシーンにトラウマになる方も少なくなく、あまりにも残酷なシーンに衝撃を受けたはず。
特に「試験管・豚食い・のり夫」というワードは、なるたるファンなら誰もが「あぁあれね」と思い出せるほどの問題シーンです!

今回は、「グロい」「トラウマになる」という人が多かった作品「なるたる」の、その問題シーンを紹介します。
本当に衝撃を受けるシーンなので、グロい作品が好きな方はぜひ1度手に取ってみてください!

なるたるのあらすじ

なるたるは「シイナ」という少女と「ホシ丸」という不思議な生物の物語。

小学生最後の夏休み、この日シイナは祖父母が暮らす小さな島にやってきました。
運動神経の良いシイナは同年代の島の子供たちと共に遊んでいましたが、海で溺れてしまいます。
溺れるシイナでしたが、これを助けたのが謎の星形生物ホシ丸であり、ここからなるたるの物語は始まります。

このホシ丸とは何なのか。
実はホシ丸は、少年少女の意識とリンクすることで、身体を自由自在に変化させることができる「竜の子」という存在!

ホシ丸と出会ってからのシイナは、次第に他の竜の子との残酷な争いに巻き込まれていき…最後には…。
といった感じのお話で、1巻から表紙の絵とは打って変わったような世界観がいきなり繰り広げられます。

なるたるは何故人気なのか

1998年に1巻が発売してから、漫画好きの間では今なお思い出に残る作品として囁かれるなるたる。
何故なるたるはそこまで人気なのでしょうか?

それはトラウマとなるグロ描写があまりにも残酷ゆえ、記憶に残る方が多いからだと思います。
なるたるは物語も秀逸ですが、それ以上に衝撃的なグロいシーンが鮮明に残り、「グロい作品といえばなるたる」と思い出す方も少なくありません。

そんななるたるのグロシーンで有名なのは「試験管・豚食い・ノリ夫」の3コンボ!
これがどんなグロシーンだったのか、当時の読者にトラウマを植え付けた衝撃シーンを紹介します。

なるたるトラウマシーン「試験管」

シイナが在籍する小学校には、「ひろちゃん」と呼ばれる女生徒が居ます。
このひろちゃんは、同級生の女子グループからいじめを受けており、毎日悲惨な目に遭っていました。

次第にエスカレートしていくいじめ、そんなある日、いじめグループのリーダーが持ってきたのは試験管
これをリーダーは、同じくいじめをする仲間にひろちゃんを抑えさせ、ひろちゃんの女性器へ…。

幸い割られることはありませんでしたが、「中に入れてお腹を蹴る振りをしたらビビってた」とリーダーが兄に話すシーンがあり、いじめを楽しんでいる様子がうかがえます。

このいじめが小学生によって行われていることを考えると、なかなか衝撃を受けます。
また、この後のひろちゃんといじめグループに起こるグロい展開に、トラウマとなる方も多いことでしょう。

そのシーンはぜひ、実際になるたるを見て確かめてみてください!

なるたるトラウマシーン「豚食い・ノリ夫」

画像:ノリ夫の死
出展:なるたる

このトラウマシーンは、なるたるの登場キャラクター「ノリ夫」という少年の最期を描いたシーン。

ノリ夫というのは、物語が進む中でシイナが出会う中学二年生の男の子。
鶴丸という男の子とよく一緒に居て、鶴丸とノリ夫が住む作業場で趣味の人形造形をしていました。

件の日も、シイナと鶴丸が外出している家で留守番をしていたノリ夫だったのですが、そこへ鶴丸を探しにきたヤクザ達が突然家に押し入ってきます。

ヤクザはノリ夫の腹を蹴り、刀で左耳を斬り落とす。
一瞬の隙をついてヤクザ達から逃げるノリ夫でしたが捕まり、今度は右足を切られます。

ノリ夫が立つこともままならないと分かったヤクザは、「豚食い」と呼ばれる男にノリ夫を自由にしていいと話しました。

すると豚食いは、無抵抗のノリ夫に凌辱を開始。
刀でノリ夫のお腹を割き、臓物を引っ張り出す様子をビデオで撮影。
ショックで意識が遠のくノリ夫に薬を注入し無理やり延命…。
これを豚食いは、ノリ夫が死ぬまでひたすら繰り返します。

ひたすら耐えてきたノリ夫でしたが、「言えなかったなぁ」を最後の言葉にそのまま亡くなりました。

本来ノリ夫は、自分の竜の子に頼ればヤクザに傷1つ付けられることはありません。
しかし、それをせず抵抗しなかったのは、ノリ夫の竜の子が鶴丸に付いていたからです。

鶴丸と共にいる自分の竜の子を呼び戻してしまえば、自分は助かるかも知れないが代わりに鶴丸が死んでしまう。
鶴丸に特別な思いを抱いていたノリ夫だからこそ、鶴丸が危険にあうのは耐えらなかったのでしょう。
最後の「言えなかったなぁ」という言葉は、きっとそういうことだったのだと思います。

結局、鶴丸がノリ夫を助けに来たのは凌辱の限りを尽くされた後。
帰宅した鶴丸が見たのは、ノリ夫が趣味で作る人形の躰に生首だけとなって飾られているノリ夫の姿でした。

変わり果てたノリ夫と、助けられなった自分を呵責する鶴丸。
この何とも言えないグロいシーンに、読者は強烈なインパクトを受けたことでしょう。

グロいのが怖いけど読んでも大丈夫?

「なるたるを読んでみたいけど、グロいシーンが怖くて読めない」という方も居ることでしょう。

確かになるたるはグロい要素がありますが、その描写自体は細部まで描かれていません!
該当のシーンは「こんなことが繰り広げられている」と読者の想像を頼りにした表現で描かれているので、グロいシーンが苦手な方でも読めるかと思います。

ノリ夫の最期もこのような表現方法で描かれており、そしてノリ夫の最期こそなるたる最大のグロいシーン。
どちらかというと、精神的に来るものはあっても、視覚情報でグロいと思うシーンは少ないので、事前に知っていれば怖いという方でも読めることでしょう。

今回は有名なグロいシーンを2つ挙げましたが、なるたるには他にも「ミミズジュース」といった衝撃シーンも存在。
こうした衝撃的なグロシーンばかりフィーチャーされますが、なるたるはSF漫画としても面白くて楽しめる作品なので、ぜひ読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です